MENU

総量規制の対象となるカードローン

2010年の法律改正によって総量規制と呼ばれる規制ができました。
この法律は何のためにあるかと言いますと、債務者への過剰貸付を防ぐためであり、多くの金額を金融から借り入れを行ったことによって返済できなくなってしまったということを無くすためにあります。
しかし、総量規制の対象となっているカードローンを利用するためには債務者が年収の3分の1を超える借入ができなくなっているため年収によっては高額な金額を借り入れできないのです。

 

これに加えて新規で50万円以上の借り入れを行う場合や申し込みを行う時や既に合計100万円以上の借り入れをしている時に改めて申し込みをする時に所得証明書の提出が義務となっています。
なんとなく不便に思える制度になりますが、債務者を守るための制度になっています。

 

この総量規制の対象となっているのが消費者金融、信販会社、クレジット会社になります。
また総量には例外が除外されるものがありまして、車のローンや住宅ローンは除外になりますので、それほど気にする必要はありません。

 

これらを利用するためには年収3分の1以上の金額を借り入れを行えませんが、銀行のカードローンの場合は利用することができます。
その理由として改正賃金業法銀行法が適用されるためであります。
しかし、だからといった簡単に利用できる訳ではなく独自の審査を行って返済能力があるか判断されます。

 

これらを踏まえて各業者から借り入れを行ってください。